茂木本家美術館

04-7120-1489

受付時間:
10:00~16:00(毎週月・火曜日、夏期・冬期休館期間は休み )
来館予約
<お電話での予約・お問い合わせ>
電話

04-7120-1489

受付時間:10:00~16:00(毎週月・火曜日、夏期・冬期休館期間は休み)
近隣施設のご案内
写真:茂木本家美術館外観
写真:茂木本家美術館内観
写真:茂木本家美術館内観

茂木本家美術館

scroll

展覧会

Exhibition
広重アングル 名所江戸百景展

開催中

広重アングル 名所江戸百景展

前期:令和4年9月7日(水)~10月23日(日)
後期:令和4年10月26日(水)~12月11日(日)

 歌川広重(1797-1858)の最晩年の傑作として知られる《名所江戸百景》を前期、後期に分けて展示します。《名所江戸百景》は広重が還暦を迎える直前からこの世を去るまでの2年半にわたって制作を続けた江戸の名所絵シリーズです。広重が描く118枚の絵に、目次と二代広重の絵1枚を加えた120枚から成ります。
 広重は江戸の町をカラフルに切り取り、季節も豊かに描き分けました。本シリーズは、近景を極端に拡大し遠景と対比させるなどの斬新な視点の構図が特徴的です。この機会にぜひ、江戸の町に注がれた広重のアングルの妙をお楽しみください。

MORE
浮世絵でめぐる滝と橋 

次回の開催予定

浮世絵でめぐる滝と橋 

―北斎から巴水まで―

2023年2月8日(水)~3月26日(日) 

諸国の名所であった滝と橋は、葛飾北斎をはじめ多くの浮世絵師によって描かれました。それぞれの滝と橋は、絵師のまなざしが光り、バラエティに富んでいます。
本展では、北斎がペルシャン・ブルーの色を活かし、諸国の名瀑をすべて異なる水の描法で幻想的に表現したシリーズ『諸国瀧廻り』全8図、橋の構造や奇抜さに注目し、さまざまな角度で諸国の橋を描いたシリーズ『諸国名橋奇覧』全11図を中心に、葛飾北斎から川瀬巴水まで、様々な絵師が描いた滝と橋の浮世絵を展示します。江戸のシンボルである橋をはじめ、奇想天外な橋、日常に寄り添う橋、まるで生きているかのように描かれた滝など、水辺を彩る滝と橋を浮世絵でめぐってみませんか。

MORE

施設紹介

Facility
写真:茂木本家美術館館内
写真:茂木本家美術館外観
写真:展示作品
写真:茂木本家美術館外観
写真:茂木本家美術館カフェ